運営方針

このエントリーをはてなブックマークに追加

運営方針と療育方針

教育方針イメージ 3つの運営方針

①「自信」…療育により小さな成功体験を積み重ね、自己肯定感強める。
②「安心」…子供たちを他人と比べない、否定しない。つまり、受容(無条件の肯定的配慮)により、子供たちの「心が安らぐ場所」を提供する。
③「安全」…児童福祉施設として登録、耐震基準・消防法もクリアしています。お手洗いも「男女別」と年頃の子供たちへの配慮も忘れてません。

3つの療育方針とプログラム


1.社会性スキル
・地元商業施設での買い物練習
・公共施設の利用(図書館や市民プールなど)
・カレンダーや暑中見舞いの作成

2.学習支援
・絵本の音読と内容理解
・漢字ひらがなカタカナの練習
・足す引くなどの簡単な計算問題
・夏休みの宿題サポート

3.日常生活スキル
・包丁の使い方練習
・お皿の洗い方練習
・雑巾、掃除機の使い方練習

プログラムは、個々の良いところ・興味のあることを伸ばすために日々スケジュールを作成し個別で行います。また、 自由時間には子どもたち同士が交流できるようにサポートも行います。


みんなで落ち葉掃き

目標イメージ 『落ち葉掃き』 学び舎代表 

 学び舎の療育とは、「生きる力、働く力」を育てることであると考えています。目標は、子供たちが生まれ育った地域で適切な支援を受け、個に応じた指導の充実と、保護者・地域との心の通った連携の充実により「生きる力、働く力」を育成することです。

 「生きる力、働く力」の育成とは、一人ひとりの日々の療育活動の中で具体的な行動として表れてくるものを肯定的に評価し、育てていくことであります。学び舎では、放課後等デイサービスガイドラインのもと、 自己肯定感を高められる療育の実践を行い、社会参加をするために必要な力を伸ばしていきたいと考えています。

主な年間行事

時期 内容 場所
3月下旬 お弁当を作ってお花見へ行こう におどり公園(流山市)
10月下旬 ハロウィン 学び舎
12月上旬 焼き芋大会 学び舎

放課後等デイサービスガイドラインに関わるアンケート結果公表 令和3年3月15日実施 平成 29 年度の放課後等デイサービスにかかる基準改正により、放課後等デイサービスを利用しようとする子どもたちが、適切かつ円滑に利用できるよう、事業者は事業内容に関して情報提供することが義務付けられました。それに伴い「放課後等デイサービスガイドライン」の内容に沿った評価項目が規定され、事業者は各項目について自己評価を行うとともに、利用する子ども達の保護者による評価を受けて改善し、その内容をおおむね年1回以上インターネットその他の方法により公表することが義務づけられました。

 これに基づき実施した「保護者等向け放課後等デイサービス評価表アンケート」を公表いたします。ご協力いただきました保護者の皆様には感謝申し上げます。なお、今回のアンケート結果をもとにミーティングを重ね今後の運営に活かしていく予定です。


2019年3月実施 アンケート集計結果(回答数:8件)
①子どもの活動等のスペースが十分に確保されているか
はい 8 どちらともいえない 0 いいえ 0

②職員の配置数や専門性は適切であるか
はい 8 どちらともいえない 0 いいえ 0

③事業所の設備等は、スロープや手すりの設置 などバリアフリー化の配慮が適切になされているか
はい 5 どちらともいえない 3 いいえ 0

④子どもと保護者のニーズや課題が客観的に分析された上で、放課後等デイサービス計画(i)が 作成されているか
はい 8 どちらともいえない 0 いいえ 0
⑤活動プログラム(ii)が固定化しないよう工夫されているか
はい 8 どちらともいえない 0 いいえ 0

⑥放課後児童クラブや児童館との交流や、障害のない子どもと活動する機会があるか
はい 1 どちらともいえない 6 いいえ 1

⑦支援の内容、利用者負担等について丁寧な説明がなされたか
はい 8 どちらともいえない 0 いいえ 0

⑧日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの発達の状況や課題について共通理解ができているか
はい 8 どちらともいえない 0 いいえ 0
⑨保護者に対して面談や、育児に関する助言等の支援が行われているか
はい 8 どちらともいえない 0 いいえ 0
⑩父母の会の活動の支援や、保護者会等の開催等により保護者同士の連携が支援されているか
はい 0 どちらともいえない 8 いいえ
⑪子どもや保護者からの苦情について、対応の 体制を整備するとともに、子どもや保護者に 周知・説明し、苦情があった場合に迅速かつ 適切に対応しているか
はい 8 どちらともいえない 0 いいえ 0
⑫子どもや保護者との意思の疎通や情報伝達のための配慮がなされているか
はい 8 どちらともいえない 0 いいえ 0

⑬定期的に会報やホームページ等で、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報や業務に関する自己評価の結果を子どもや保護者に対して発信しているか
はい 6 どちらともいえない 1 いいえ 1

⑭個人情報に十分注意しているか
はい 7 どちらともいえない 1 いいえ 0

⑮緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアルを策定し、保護者に周知・説明されているか
はい 7 どちらともいえない 1 いいえ 0

⑯非常災害の発生に備え、定期的に避難、救 出、その他必要な訓練が行われているか
はい 7 どちらともいえない 1 いいえ 0

いろいろなご意見を頂くことができました。良いことも悪いことも真摯に受け止め、改善点は2021年度の目標とし、利用者様及びご家族の皆様にご満足頂けるデイサービスで有り続けたいと思います。これらからも従業員一同、一丸となって精進して参ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

放課後等デイサービスガイドラインに関わるサービス自己評価公表 令和年3月15日実施

環境・体制整備
利用定員が指導訓練室等スペースとの関係で適切であるか
はい
職員の配置数は適切であるか
はい
事業所の設備等について、バリアフリー化の配慮が適切になされているか
どちらでもない
施設が、2階建ての戸建てなので階段もあります。 しかし、指導室は1階なので車椅子の子どももお預かり可能です。 現在、車椅子の子どもの利用は1名です。
業務改善
業務改善を進めるためのPDCAサイクル(目標設定と振り返り)に、広く職員が参画しているか
はい
保護者等向け評価表を活用する等によりアンケート調査を実施して保護者等の意向等を把握し、業務改善につなげているか
はい
この自己評価の結果を、事業所の会報やホームページ等で公開しているか
はい
第三者による外部評価を行い、評価結果を業務改善につなげているか
いいえ
職員の資質の向上を行うために、研修の機会を確保しているか
どちらでもない
適切な支援の提供
アセスメントを適切に行い、子どもと保護者のニーズや課題を客観的に分析した上で、放課後等デイサービス計画を作成しているか
はい
子どもの適応行動の状況を図るために、標準化されたアセスメントツールを使用しているか
はい
活動プログラムの立案をチームで行っているか
はい
活動プログラムが固定化しないよう工夫しているか
はい
平日、休日、長期休暇に応じて、課題をきめ細やかに設定して支援しているか
はい
子どもの状況に応じて、個別活動と集団活動を適宜組み合わせて放課後等デイサービス計画を作成しているか
はい
支援開始前には職員間で必ず打合せをし、その日行われる支援の内容や役割分担について確認しているか
はい
支援終了後には、職員間で必ず打合せをし、その日行われた支援の振り返りを行い、気付いた点等を共有しているか
はい
日々の支援に関して正しく記録をとることを徹底し、支援の検証・改善につなげているか
はい
定期的にモニタリングを行い、放課後等デイサービス計画の見直しの必要性を判断しているか
はい
ガイドラインの総則の基本活動を複数組み合わせて支援を行っているか
はい
関係機関や保護者との連携
障害児相談支援事業所のサービス担当者会議にその子どもの状況に精通した最もふさわしい者が参画しているか
いいえ
学校との情報共有(年間計画・行事予定等の交換、子どもの下校時刻の確認等)、連絡調整(送迎時の対応、トラブル発生時の連絡)を適切に行っているか
はい
医療的ケアが必要な子どもを受け入れる場合は、子どもの主治医等と連絡体制を整えているか
どちらでもない
医療的ケアが必要な子どもを受け入れる場合は、連絡体制を整える予定です。
就学前に利用していた保育所や幼稚園、認定こども園、児童発達支援事業所等との間で情報共有と相互理解に努めているか
どちらでもない
保護者に確認のうえ行う予定です。
学校を卒業し、放課後等デイサービス事業所から障害福祉サービス事業所等へ移行する場合、それまでの支援内容等の情報を提供する等しているか
どちらでもない
障害福祉サービス事業所等移行する際、保護者に確認のうえ、必要な情報提供を行う予定です。
児童発達支援センターや発達障害者支援センター等の専門機関と連携し、助言や研修を受けているか
どちらでもない
放課後児童クラブや児童館との交流や、障害のない子どもと活動する機会があるか
いいえ
今後は積極的に参加する予定です。
(地域自立支援)協議会等へ積極的に参加しているか
いいえ
日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの発達の状況や課題について共通理解を持っているか
はい
保護者の対応力の向上を図る観点から、保護者に対してペアレント・トレーニング等の支援を行っているか
いいえ
保護者等への説明責任等
運営規程、支援の内容、利用者負担等について丁寧な説明を行っているか
はい
保護者からの子育ての悩み等に対する相談に適切に応じ、必要な助言と支援を行っているか
はい
父母の会の活動を支援したり、保護者会等を開催する等により、保護者同士の連携を支援しているか
いいえ
今後希望があれば積極的に開催する予定です。
子どもや保護者からの苦情について、対応の体制を整備するとともに、子どもや保護者に周知し、苦情があった場合に迅速かつ適切に対応しているか
はい
定期的に会報等を発行し、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報を子どもや保護者に対して発信しているか
いいえ
個人情報に十分注意しているか
はい
障害のある子どもや保護者との意思の疎通や情報伝達のための配慮をしているか
はい
事業所の行事に地域住民を招待する等地域に開かれた事業運営を図っているか
いいえ
非常時の対応
緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアルを策定し、職員や保護者に周知しているか
はい
非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出その他必要な訓練を行っているか
どちらでもない
虐待を防止するため、職員の研修機会を確保する等、適切な対応をしているか
はい
どのような場合にやむを得ず身体拘束を行うかについて、組織的に決定し、子どもや保護者に事前に十分に説明し了解を得た上で、放課後等デイサービス計画に記載しているか
いいえ
食物アレルギーのある子どもについて、医師の指示書に基づく対応がされているか
どちらでもない
食物アレルギーのある子どもをお預かりした場合には対応いたします。
ヒヤリハット事例集を作成して事業所内で共有しているか
はい